ARIM-mdx Data System

ARIM-mdx データシステム

データ収集・管理・解析のための情報システム

東京大学マテリアル先端リサーチインフラのすべての設備利用者は、ARIM-mdx データシステムのご利用が可能です。本データシステムを利用することで次のようなことが可能になります。

  • クラウドストレージによるプライベートな大規模データの保存
  • 共同研究者間でのデータ共有一般公開の柔軟な管理
  • 実験設備からの効率的かつセキュアな直接データ転送
  • インタラクティブなプログラミング環境やRemote Desktopによるデータ解析やソフトウエア開発
  • データ提供・登録による、全国25機関実施の広域データシェアサービス(NIMS RDE)への参加協力

ARIM-mdx データシステムの概要

本システムは以下の3つのサービスからなり、国内11機関の共同運営による学術クラウドシステム mdx 上に構築されています。

1. 大規模クラウドストレージ (Nextcloud)

すべての設備利用者は各プロジェクトごとに最大30TBのクラウドストレージを利用できます。オープンソースのクラウドストレージシステムであるNextcloudを利用し、mdxの超大規模ストレージ領域にアクセスできます。


2. 実験設備からクラウドへの直接データ転送IoTデバイス

実験設備から大規模クラウドストレージへはIoTデバイスを利用して直接データ転送することが可能です。データは各プロジェクト用のフォルダに個別に転送されます。


3. リモートでのプログラミング・データ解析環境 (Jupyter / VSCode / Remote Desktop)

大規模クラウドストレージへ保存されたデータは、mdxの持つ計算リソースを使ってインタラクティブに解析 (Jupyter)、本格的なソフトウエア開発 (VSCode) や、リモートデスクトップによるデータ解析が可能です。


4. ユーザー・課題グループ管理システム

ARIM−mdxデータシステムは1ユーザーあたり1アカウントを基本運用としています。
複数課題への参加去年度課題からの引継ぎは ARIM-mdx User Group Management にて行います。


データ提供・登録への参加協力

データ提供・登録を申請したプロジェクトに関して、

  • 大規模クラウドストレージ内のデータは、利用設備と利用日情報に基づきフィルタリングされ、これらの情報は利用申告の内容と照らし合わせられます。その結果、提供・登録されるべきデータが特定されます。
  • 該当の提供・登録データはプロジェクト責任者に通知されたのち、本システムによって自動的にNIMS RDEシステムへ転送・登録されます。
  • 転送されたデータは設備利用年度の翌年度始めから2年間は利用・閲覧されません (非共用期間、最大1年間の延長が可能)
  • 非共用期間の後、NIMS RDEシステムにおいて一般利用が可能な状態(広域シェア)になります。
登録データの取り扱いに関して詳しくはARIMデータ登録約款をご覧ください。


稼働状況

  • 2024/03/22 9:30 ~ 現在全てのサービスを復旧。利用可能。
  • 2024/03/22 9:18 ~ mdx 障害のため Jupyter Service を一時的に停止。
  • 2023/10/26 11:12 Nextcloudクラウドストレージはバックアップ電源により通常稼働していたことを確認。
  • 2023/10/25 21:00~ ごろ、柏2キャンパスの瞬停により、サービスが停止or不安定。
  • 2023/10/14 11:00 ~ 18:00 ストレージメンテナンスによる稼働停止
  • 2023/09/12~ 通常稼働中 (Nextcloud / IoT / Jupyter)
  • ~2023/09/12 mdxメンテナンスによる稼働停止 (Jupyter)

お問合せ・ご要望

お問い合わせフォームより承ります。
https://lcnet.t.u-tokyo.ac.jp/contact/